妊娠中・授乳中の白髪染めで注意する事

妊娠中や出産後に授乳をしている女性の中には、白髪が気になるので染めたいと思っている人もいるかもしれません。女性にとっては、どんな時でも見た目をきちんとしておくことは大切なことだからです。そこでここでは妊娠中や授乳中の白髪染めの使用に際して、注意する事について、お話していきたいと思います。

 

妊娠中や授乳中の白髪染めの使用で、何と言っても気になるのは自分や胎児、或いは生まれてからの赤ちゃんへの影響であると思います。白髪染めを始めとするヘアカラーの使用については、専門家である医師の間でも、所謂経皮毒についても意見は分かれているのだそうです。経皮毒とは、皮ふや身体の中へ化学物質が吸収されてしまう事で、頭皮や腕と比較しますと、3〜4倍も皮ふからの吸収率は高いとされています。白髪染めのようなヘアカラーだけでなく、シャンプー・リンス・ムース等のヘアスタイリング剤による、経皮毒の可能性も指摘されているのです。

 

化学物質は子宮にも溜まりやすいとされており、妊娠中であれば当然胎児への影響も懸念されていて、最悪の場合、アレルギー・アトピー・免疫力の低下・ガンになりやすい体質になる等の、影響があるのではないかと言われています。まず経皮毒について、神経質に心配する必要はないとする医師の意見としては、経皮毒は確かに皮ふには吸収されるものの、1度や2度のことで急に大きな病気になるわけではなく、もし有害物質が配合されていたとしても、頻繁に使わなければ、妊娠中や授乳中に使用しても問題はないというものがあります。

 

とは言え、スーパーやドラッグストア等で市販されている安価な白髪染めやスタイリング剤の中には、健康な成人でも10g摂取すれば命に関わると言われている、ジアミン系化合物のパラフェニレンジアミンが含まれているものもあり、妊娠中や授乳中の使用により、胎児や赤ちゃんの発達に影響が出たり、アレルギーやガンになりやすくなったという事例あるのも事実です。経皮毒とは長年に渡って、化学物質が身体に蓄積されていくことで起こるものですので、赤ちゃんが大きくなってから、何らかの症状が起きたり発病してしまったりする可能性があるのです。

 

一方でヘアマニキュアは分子が大きいため皮ふに入りにくく、経皮毒の影響は少ないと言われていますが、こちらにはガンやアレルギーの原因になりやすいタール色素が配合されており、やはり頻繁に繰り返して使うことはお勧め出来ません。妊娠中や授乳中でも、安心して白髪染めを使いたいというのであれば、ジアミン系色素・アミノフェール・タール色素・防腐剤・鉱物油等が不使用で、アレルギーパッチテスト済の白髪染めを使うと良いでしょう。お勧めの製品としては、ルプルプ・利尻ヘアカラートリートメント・ポーラヘアカラートリートメント・レフィネヘッドスパ・資生堂プリオールカラーコンディショナー等があります。通販のみで販売されているものもあり、値段も少々高いかもしれませんが、それだけに安全性は保証されていますので、是非使っていただきたいと思います。

 

髪の毛を絶えず健康に若々しく維持し続けたい、そして抜け毛や薄毛を抑制する何らかのコツや予防策があるようならば聞きたい、と望んでいる人も数多いんではないでしょうか。髪の抜け毛をじっくりと注視することにより、その抜けた頭髪が薄毛が進んでいる毛であるのか、ないしは正常なヘアサイクルにより抜け落ちた髪かどちらか知ることが可能です。よく汗をかくという方や、かつまた皮脂の分泌が極端に多い人は、基本的なことですが日々欠かさずシャンプーして髪・頭皮をいつでも綺麗に保ち、毛穴奥の汚れと余分な皮脂がさらなるハゲを進行させる引き金にならないように注意していくことが最も肝心だと言えます。

十代はもちろん、20〜30代の年代においても毛髪はまだまだ成長をしていく間ですから、元々その位の年齢ではげ気味であるということが、正常ではないことであると考えても仕方がないでしょう。実は薄毛や抜け毛などで、専門病院(皮膚科系)を訪れる人の数は年々著しくプラス傾向にあり、加齢によっての薄毛の悩み事はもちろん、20〜30代周辺の若い年の人からの相談も増え続けております。

 

紫外線が多い季節は日傘を差すことも必ず行うべき抜け毛の対策方法です。ですから是が非でもUV加工されたものを選定すべきです。外出の時のキャップやハットと日傘においては、抜け毛対策を行う上で必需品といえます。だいぶ薄毛が範囲を増していて緊急の対応を要するという際、かつまたコンプレックスを感じているというケースは、とにかく安心してお任せできるちゃんとした専門の医師が対応してくれる病院で薄毛の治療を取り組んでみることがベストです。

 

様々な抜け毛対策がある中で病院で抜け毛の治療をしてもらうという際の利点は、専門の医師による地肌や髪の頭部全体のチェックを安心して行ってもらえるといった面と、並びに処方薬の力のある効果でございます。一日間の内重ねて平均より多い頻度のシャンプーを行ったり、及び地肌自体を傷つけることになるほど雑に頭を洗う行為は、抜け毛が多く発生する原因につながってしまいます。実際髪の毛の栄養分は、内臓の肝臓で作り上げられているものもございます。ですのでちょうど良いくらいのお酒の量に抑制することにより、はげに対する進む度合いも多少抑えるといったことが可能です。

皮膚科だとしても内科だとしても専門のAGA治療を行っているケースとそうでないケースが考えられます。もしもあなた自身がAGAの症状を絶対に治療したい時は、最初の時点で専門機関に決定することがイチバン良いのではないかと考えます。実際指先をたてて髪を洗ったり、並びに高い洗浄力のシャンプー剤を使用することは、地肌を傷付けることになり、ハゲ気味になることが珍しくありません。痛みを受けた地肌が更にはげを手助けする結果になります。

 

抜け毛対策にて1番はじめに実行しなければいけない事は、何よりも普段使っているシャンプーの再チェックです。スーパーや量販店で並んでいるシリコン系化合物界面活性剤のシャンプー等においては実に言語道断なのであります。頭髪を健やかに維持するために育毛を促そうと、頭部の地肌への不正確なマッサージを施す行為はやらないように気をつけるようにしましょう。万事やりすぎは良くないものです。毎日長時間、キャップかつまたハットをかぶる行為は、育毛する上で悪影響を与えてしまいます。その理由は頭部の皮膚の表面を長時間押さえ続けて、毛根全体にしっかり血液の流れを妨げてしまう可能性があるからです。