産後抜け毛とホルモンバランスの関係

男性に男性特有の原因と特徴の抜け毛があるように、女性にも女性特有の原因と特徴のある抜け毛があり、その1つが産後抜け毛です。出産後には多くの女性が抜け毛に悩まされ、殊に産後3ヶ月頃から悩むことが多いとされていますが、それにはホルモンバランスの乱れが関係していると言われています。そこでここでは産後抜け毛とホルモンバランスの関係について、お話していきたいと思います。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、妊娠すると通常より多く分泌されることで、髪が生えやすく抜けにくくなり、毛の量が一気に増えて毛深くなったように思わされます。ヘアサイクルの中の成長期が長くなり、退行期と休止期が短くなるという、変則的なサイクルになるのです。しかし出産後はこれらの女性ホルモンは不要となり、妊娠前の普通の状態の戻ろうとする力によって、急激に減少してしまいます。この滅多にない大きな変化によって様々な身体の不調が起きるのですが、その1つが産後抜け毛なのです。エストロゲンには髪の成長を促す働きがあり、プロゲステロンには育毛を維持しようとする働きがありますが、出産後に、この2つの女性ホルモンが一気に減少してしまうということは、ヘアサイクルが引き続き形を変えて乱れていることを意味しますので、その結果が大量の抜け毛となるのです。

 

また産後の抜け毛には女性ホルモンのバランスの崩れに加えて、生活習慣の変化も影響をしてきます。それは夜泣きや夜中の授乳のために起きなければならないことに起因する睡眠不足や、育児が初めて女性が感じるストレスも、女性ホルモンの分泌の不足を招き、産後抜け毛を長引かせてしまうこともあります。とは言うものの、ホルモンの関係で起こる抜け毛は、あくまでも一時的な現象ですので、生活の変化に慣れてくる産後半年頃から、離乳食に切り替わる産後1年後位までには、ホルモンバランスは正常になると言われています。それによって生活のリズムが安定し精神的の安定してきますので、ヘアサイクルの流れも通常に戻り、抜け毛も自然に段々に解消されていくはずです。誰にも起こりうる当たり前の現象なのだと考え、必要以上に気にしないことが大切なのです。妊娠中はいつもより成長期が長くなり、出産直後は逆に短くなるのは自然なことなのだと覚えて於いて、落ち着いた気持ちで出産や産後に備えることが肝心です。

 

 

通常頭の地肌マッサージにおいては頭の地肌自体の血液の流れを促す作用があります。頭の地肌マッサージをすれば、抜け毛の防止に効果的ですから、抜け毛に悩んでいるという方は是非繰り返し継続するように努めましょう。仮に薄毛が心配になりだしたら、できれば初期段階に病院で薄毛の治療を行い始めることで改善もより早くそのあとの頭皮環境の維持も確実にしやすくなるといえます。

 

タバコを吸うこと、睡眠時間が不足していること、飲酒やバランスの悪い食事など不摂生なライフスタイルを送っているとハゲになってしまいやすいです。事実ハゲは毎日の生活の過ごし方や食生活などなど、後天的なことがとても重要だと思われます。早期から症状が出る方においてはまだ20歳代前半の若い時期から少しずつ薄毛がはじまりますが、誰であっても若い年齢から薄毛になるわけではなしに、大部分は遺伝的なものであったり、精神的ストレス及び普段の生活習慣の事なども大きな要素と言われているようです。

 

髪の栄養分に関しては、肝臓部位で作り上げられているものもございます。それにより行過ぎない酒量までに抑えることにより、はげにつながる進み加減もちょっとは止めることが可能であります。

 

セルフで薄毛対策に取り組んでいるわけだけど、それでも心配という方は、まず一度薄毛対策を専門としている病院(皮膚科系)で診察を受けるのがいいかと思います。今後薄毛が増えるのが気がかりになっているような方が、薬用育毛剤を脱毛予防のアイテムとして活用するといったことができるものです。薄毛がちょっとでも進行してしまう前に継続的に使用することで、脱毛の範囲を抑えることが期待できます。

 

抜け毛対策にて最初の段階でやるべきことは、とにかくまず普段使っているシャンプーの再チェックです。一般に売られていますシリコン含有の界面活性剤のシャンプーなどは即アウトだと言えます。日々あなたの毛髪と地肌表面がどの程度薄毛の状態になってきているかといったことをチェックすることが大事といえます。それを基本に、早い時期に薄毛対策に取り掛かりましょう。AGA(薄毛・抜け毛)は進行性であります。ケアをしないでそのままにしておくとさらに髪の数量は減少し、徐々に頭皮が透けてきます。だからAGA治療は早めのケアがとても大事です。

 

普通女性のAGA(エージーエー)にも当然男性ホルモンが関連していますが、同じように男性ホルモンがそのまま作用しているというよりも、ホルモンバランス上の崩れが原因であるとされています。血液の流れが悪い状態が続くと頭自体の温度は低下して、頭皮・髪の毛の構成に必要な栄養素もスムーズに送ることが難しいです。よって血行を促進する成分が含まれた育毛剤を活用することが薄毛の改善策としておすすめといえます。

 

育毛シャンプーについては普通のシャンプーより洗い流すことが容易いように作られていますが、それでもシャンプー液が頭の髪の毛に残ってしまうことがないように、じっくりと水にて落とすようにしてあげるよう必ず注意しましょう。近年の育毛専門クリニックでは、レーザーを活用して抜け毛治療も取り組まれているようでございます。頭皮にレーザーを照射することにより、頭部分の血流を滑らかに行き渡せるなどの実効性が見られます。数種類ものアミノ酸系が含有している育毛シャンプーは、地肌へ加わる刺激も本来少なくて、汚れを洗い流しつつも必要としている皮脂はきっちり残せますので、育毛をするには様々な商品がある中でも最も適切であると言えるのではないでしょうか。