産後抜け毛のメカニズム

抜け毛は男性だけでなく女性にも無縁ではありませんが、女性の場合は男性よりも抜け毛になりにくいとされており、高齢になっても抜け毛の量が増えることは殆どありませんし、極端な薄毛にもならず、更年期で髪の毛が細くなって薄毛になる程度です。女性の抜け毛や薄毛には、プロゲステロンとエストロゲンという、2つの女性ホルモンの働きが密接に関係しており、この女性ホルモンには抜け毛を防ぎ、髪の健康を維持し新しい毛を育てる働きもあります。このエストロゲンの影響によって起こるのが産後抜け毛と言われており、産前産後の急激なホルモンの分泌の増減が原因であるとされています。そこでここでは、この産後抜け毛の起きるメカニズムについて、お話していきたいと思います。

 

まず女性が妊娠しますと子宮・卵巣・胎盤が活発に働き、2つの女性ホルモンが大量に分泌されます。これらの女性ホルモンは妊娠の意地には欠かせない重要なホルモンですから、産前産後の非妊娠時にも一定のレベルを保っていると同時に、髪の毛や産毛の毛根細胞に働いて、毛を抜けにくくする働きがあります。毛根細胞は定まったヘアサイクルによって、毛のある状態→寿命で毛が抜ける状態→休止する状態、というサイクルを繰り返しているのですが、妊娠時には、このヘアサイクルが変化して、毛が生えている状態の時期が長くなって抜けにくくなり、新しく生えてくる毛もあるため、毛深くなったという錯覚に陥るのです。これは実際には、抜けるはずの毛が抜けず、普通なら給している毛根細胞からも、新しく毛が生えてくるために起きる現象なのです。

 

しかし出産によって胎盤が排出され産後の時期に入ってきますと、女性ホルモンの量は、急激に非妊娠時の量に戻っていきますので、妊娠中に増加した血液や筋肉の中の女性ホルモンも段々に減っていきます。産後2ヶ月程経ちますと、妊娠中に増加していたホルモンの剰余分が解消され、ホルモンレベルが通常に戻っていくのに伴い、女性ホルモンの働きによって抜けないで残っていた毛も、抜け毛としてどんどん抜けていってしまうようになるのです。これが産後抜け毛と呼ばれるもので、以上のようなメカニズムによって、大量の抜け毛が発生してしまうのです。

 

産後抜け毛というのは、あくまでも妊娠中に一時的に増加した毛が、産後の通常の抜け毛に加えて抜けていくということですので、産前よりも毛が減ってしまうということはありません。つまり不可抗力の自然現象ということになり、体調や身体のメカニズムが完全に通常に戻ったと思われる半年後から、抜け毛は徐々に減っていき、離乳食の始まる産後1年ころまでには、通常時の髪の量とヘアサイクルに戻ると言われています。但し、授乳や育児疲れによる寝不足やストレスによるダメージが、想定以上に深刻である場合は、非妊娠時にも起こりうる抜け毛が、加わってしまう場合もありますので、くれぐれも無理をせず、ストレスをためない生活を送るような工夫が必要になります。

 

産後ハゲに効く!頭皮に優しい育毛剤